カテゴリ 基礎練習(37) ブロック定義(1) レイアウト作成(1) 印刷(2) 環境(10) ショートカット(1)

2015年11月17日

放射線状を速く書く方法



AutoCadの達人さんに教えて頂いたものです。中心線や放射状の穴を書く場合には重宝すると思います。丁寧に教えて頂きましてありがとうございました。背の高い美人のお姉さんでした。

@線を引く

A範囲指定で3点表示させる

B真ん中の点を左クリック→コマンドラインにストレッチモードと出る

Cそのまま右クリック→回転

Dそのまま右クリック→複写

E角度入力、角度入力・・・
posted by autocad2009 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

トリム・フェンス

トリム・フェンス3.JPG

トリム・フェンス2.JPG

トリム・フェンス1.JPG

一度に半分をトリム
@トリムコマンド
A境界線を選択(切り取りエッジ)
BF入力
Cフェンスの1点目 2点目を指して直線を描く
Dエンター
posted by autocad2009 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

円の線を部分的に変える

円の線を部分的に変える2.JPG

円の線を部分的に変える1.JPG

@トリミング

A線種を変更して円弧(始点・中心・終点)
posted by autocad2009 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイアウト作成および尺度変更方法

ここで使用するビューポートは簡単にいうと覗き窓。レイアウトシートからモデルを参照し、図面を設置するというもの。htmlのインラインフレームを想像して頂いたらわかりやすいと思います。

■図枠の設置

@A3図枠上でマウスを右クリック

A基点コピーを左クリック

B基点をクリック

C図枠を選ぶため、範囲指定する

D破線に変れば図面枠を選定

EENTERキーで確定

U

Fレイアウト1を左クリック

G表示された枠を左クリックし削除

Hレイアウト1を右クリック

Iページ設定管理を左クリック、レイアウト1を指定して左クリック
 プリンタ変更
 A3用紙に変更
 印刷スタイル変更
 OK
 OK

Jレイアウト1上でマウスを右クリックし、貼り付けを左クリック

KA3図枠が表示され、座標入力(-5,-5)を入力しA3図枠を貼り付ける


■モデルの設置

L0画層を確認、表示→ビューポート→1ビューポート(1)を左クリック
 ※ビューポートを作成するときは、0画層で作成する

M1点目、2点目を指定した範囲内にモデルで作成した図が表示される

N画面下のペーパーをモデルにするとズームアップ&ダウンが出来る
 モデルにするとビューポート尺度が出現、縮尺率が出る

O部分拡大図を入れる時は単一ビューポートを追加して入れる。

Pペーパーにして固定される

Qペーパー状態でレイヤーからビューポートの線を選択、非表示にすると線が見えなくなる。


■ビューポートツールバーの表示

上ツールバーのある場所で、ツールバー以外で右クリックすると、ツールバー一覧が表示される。
ACAD→ビューポートをクリック

ビューポートツールバー.JPG

レイアウト説明.pdf
posted by autocad2009 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A列の用紙サイズ

A0 841 × 1189mm
A1 594 × 841 mm
A2 420 × 594 mm
A3 297 × 420 mm
A4 210 × 297 mm
A5 148 × 210 mm
posted by autocad2009 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 印刷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

印刷設定

印刷.JPG

 @印刷スタイル:monochrome.stb
 Aプリンタ:プリンタ名
 B用紙サイズ:A3(297×420)
 C窓:で範囲指定
 D印刷尺度 尺度1:1
 E印刷の中心のチェック外す
 Fプレビュー
 G適用

一番最初に印刷ウィンドウを開けたときには印刷スタイルが見れませんので、ヘルプ(H)の横の「<」をクリックしてウィンドウを広げて下さい

「monochome.ctb」は、デフォルトで「色(C)」はすべての色が「Black」に、「グレースケール」は「オフ」になっています。この二つがプリンターで黒、一色で打ち出す時の最低条件です。(つまり「monochome」は、AutoCAD側が元々、用意してくれている「黒で打ち出すための印刷スタイル」なんです)
posted by autocad2009 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 印刷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

ブロック定義

■ブロック定義
 作成
  ブロック
   ブロック定義
    名称:
    挿入基点を指定:
    オブジェクトを選択:
    ブロックに変換にチェック

■属性定義
 作成
  ブロック
   属性定義
    名称:数
    挿入点:点を指定
    値:1
    位置あわせ:中央
    高さ:

 数字を入れるオブジェクトの場合、属性定義→ブロック定義を行う

■ブロック定義の削除
 ファイル
  図面ユーティリティ
   名前削除

  ※オブジェクトを分解しないと出てこない

属性定義とブロック定義作成の注意.pdf
属性ブロック定義手法.pdf
ブロック.dwg
posted by autocad2009 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ブロック定義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワーク領域(グリッド線)拡大

 形式
  図面範囲設定

 0,0(左下コーナー)
 5,5000(右上コーナー

 これをやったら

 表示
  ズーム
   図面全体

 で確認することが出来る
posted by autocad2009 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルチライン(二重線)

 作成
  マルチライン
   尺度S
    3.2(2線の間隔)
 
   位置あわせJ
    上基準T:上線が寸法値
    0基準Z:上線と下線の中間が寸法値
    下基準B:下線が寸法値

  分解しないとフィレットできない
posted by autocad2009 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寸法の修正

適当な大きさの長方形を描いてください。
※「長方形コマンド」で描いた場合は「分解」しておく

@ストレッチコマンドを実行

A「交差窓」でストレッチする部分を選択
コマンドライン:[ストレッチするオブジェクトを交差窓 または ポリゴン交差窓で選択...]

B基点を指定
コマンドライン:[基点 または 移動距離を指定:]

C目的点を指定
コマンドライン:[目的点を指定:]
posted by autocad2009 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

寸法図形の尺度

 形式
  寸法スタイル
   修正
    フィット
     全体の尺度
posted by autocad2009 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラフタ角度変更

これは非常に便利なツールです

 選択オブジェクトを選択
  基準とする線(オブジェクト)を選択
  ※選択する部分によって方向が変ります

 UCSワールドで元の角度に戻る
posted by autocad2009 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブロックとして貼り付け

複数のオブジェクトをひとつのパーツとして貼り付け

 オブジェクト選択
  コピー 
   編集
    ブロックとして貼り付け

 ブロックとして貼り付けしたパーツはオブジェクトプロパティにて縦横比を変更可能 
posted by autocad2009 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スプライン曲線(自由曲線・波線)の書き方

 スプラインを使用
 書き終わったら3回エンター
posted by autocad2009 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太い線の書き方

2つの方法があります

 @線分を描く
  Bylayerで線の太さを変更
  下のタブで線の太さをを選択

 Aポリライン選択
  W選択
   1点目指定
    始点太さ入力
     終点太さ入力
posted by autocad2009 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

構築線(無限線)

1点目、2点目エンター
posted by autocad2009 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

枠の作成

 形式
  図面範囲設定
   エンター(原点0,0なのでそのまま)
    210,297エンター(A4用紙の右隅を入力)

 四角形で(0,0)(210,297)
posted by autocad2009 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

尺度変更

〇通常
オブジェクト選択
 基点
  尺度

〇参照指定(ある部分と同じ長さにする)
オブジェクト選択
 基点
  r(参照する長さ)
   尺度変更元の辺の端と端を指定
    基準の線を目的にスナップして固定
posted by autocad2009 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

回転移動

右クリック 回転 もしくは ツールバーから

〇通常
オブジェクト
基点
角度

〇参照指定(ある部分まで回転させる)
オブジェクト
 基点
  r(参照する角度)
   回転元の基準線の端と端を指定
    基準の線を目的にスナップして固定
posted by autocad2009 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

配列複写

短形選択
 オブジェクト選択
 行
 列
 Y方向
 X方向 

円形選択
 オブジェクト選択
 中心選択
 複写数:16 ※元を含めて全部の数
 3角度:60度
posted by autocad2009 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。